世界で行われているレーシックの状況

日本でも2000年に厚生労働省がレーシックを認可し、それからレーシックを受ける人が年々増加傾向にあります。
では世界でのレーシックの状況は、どうなってきているのでしょうか。

1990年に、ギリシャで初めてレーシックが行われました。
そしてアメリカでも1995年にエキシマレーザーが認可され、2000年以降には年間100万人もの人たちが、手術を受けているといわれています。
やはり、レーシックはアメリカが先端をいっているといってよいでしょう。

しかし最近では、世界中でも視力回復のレーシック手術が行われています。またレーザー自体は、アメリカ・日本・ドイツで作られています。
そしてレーシックの手術は、韓国や中国、台湾などのアジア諸国でも多く行われています。
このように、さまざまな国でレーシック手術が行われているので、日本人の方が海外で受ける場合ももちろんあります。

その理由として、費用が安かったり、技術が進んでいる場合もあったり、さまざまな理由で海外での手術を受ける方もいらっしゃいますが、
やはりこれからも日本で生活していくのであれば、日本の安心な眼科にて手術を受けることをお勧めします。

なぜなら、術後の検診は大切になってくるので、何かあった場合にすぐにいける場所にあるということも大切になってくると思います。
術後は、目の不安定な状態が続くので、手術を受けた眼科が近くにあるのが、何よりの安心につながるでしょう。

またタイでは、病院の世界水準の技術を誇る病院も多いので、私立病院の中には世界中の患者を積極的に受け入れる所もあり、
レーシック専門医院も受け入れています。実際、日本人もレーシックのためにタイに訪れる人達もいます。
他にもシンガポールも医療技術が高く、英語を使えることもあり、他国からの患者さんも多いようです。

そして今では、日本語に対応できる人を病院に在中いたり、他国からの受け入れ体制もしっかりできているので、
患者さんも選択肢の中に、他国でのレーシックをいれやすくなっているのだと思います。
またインドでもレーシックが行われていますが、水事情があまりよくはないため、気温などさまざまな理由によって感染症には注意したほうがよいかもしれません。

レーシックの手術を受ける際には、自分でリスクやメリットをしっかりと考えた上で、自分に合った手術を選択し、行うようにしましょう。