一般的なレーシック回復率

レーシックをおこなった場合に、どのくらいの回復力があるのかは一番気になるところですよね。
最近のレーシック手術により、1.0以上になった人の視力の回復率は、97%以上といわれています。

この結果からみても、ほぼ間違いなく視力が1.0以上になるといえるのではないでしょうか。また、レーシックにより失明したなどの症例はありません。
しかし極度の近視の場合などは、1.0以上に満たない場合もあります。

それは、レーシック手術においての角膜の消滅量によるものであり、軽度の近視の場合、レーザーによって削る量が少なくてすむのですが、
近視が強くなるにつれて削る量も増えるため、角膜の中央部分の厚みには個人差がありますが、最終的に術後に残さなくてはいけない角膜の量は決まっているので、
削らなければいけない量と、削ることのできる量によっては、視力回復が望むほどにできないということもあります。

しかし、最近はごく薄い角膜のカットが実現されるようになったため、以前よりは回復率の向上は上がってきたので、
重い近視の方の場合でも0.7以上まで、回復する可能性が増えてきています。

また、レーシックを行った患者さん達の元の視力は84%のほうが0.1以下であったという統計もあります。
やはり、このくらいの視力の方達がメガネやコンタクトレンズを使いながらも、日常生活に不便を感じるようになり、
レーシックを受ける方が多いのだといえるようです。

そしてレーシックを受ける年齢については、78%の人が20~30代であります。
また10代では、視力の変化がまだ見られるという理由から、手術は受けられません。
そしてレーシックは学割があったり、手術も15~20分くらいで入院もせずに受けられるので、若い方達が手軽に受けられる手術であるといえます。

また男女の比率でみてみると、男性が57%、女性が43%という結果になっています。
女性が多いのかな。という印象がありましたが、やはり仕事をしていくうえで視力との関係は大きいものなのかもしれません。

女性は出産前に、レーシックを行っておくと、出産と子育ての軽減につながるということで、
出産前にレーシックをする女性も増えてきているようです。
レーシックで老眼を治すこともできるそうなのですが、手術を受ける前に老化防止ができたら嬉しいですよね。
http://www.moondropclothiers.com/03ko.htmlには老化防止の効果があるといわれているローヤルゼリーの効果効能などがかいてありますのでご覧ください。