レーシックで遠視を治療

レーシックというと、どちらかというと近視の方が手術を受ける印象が強い気がしますが、レーシックは近視、遠視、乱視の視力回復ができます。

しかし、あまりも強い遠視がある場合には、手術が受けれない場合もあります。
そのような場合でも、フェイキックIOLと呼ばれる手術を行える場合もありますので、医師との相談が必要になります。

そもそも遠視というのは、簡単にいってしまえば近視とは逆の症状で、近視の場合は網膜の手前にて焦点が合ってしまうことをいい、遠視はその反対で、網膜の後ろで焦点が合っていることをいいます。
どちらにしても、屈折の異常であるといえることから、レーザーを用いての屈折矯正を行うことのできるレーシックで手術を行うことができます。

遠視というものは、遠くが見えるというわけではなく、遠くも近くも見えにくいという症状であり、とても目が疲れる状況であるといえます。
症状が老眼と似ていることから、間違われることもありますが、遠視は子供に多くみられ、老化により現れる症状とは異なります。
遠視は一般的な視力検査では1.0以上であるといわれることも多く、視力検査だけで、遠視の判断はなかなかできません。

なので、視力が良くてもものすごく目が疲れやすい場合などは、一度眼科で診察してみることをお勧めします。
軽い遠視の場合は、視力が悪くなるということはありませんが、40代になって調整力が低下しているために、近くのものに上手くピントを合わせることができなくなり、老眼のような症状が現れます。

それから、近くのものと同様、遠くのものも見えにくかなっていくことがあります。
このような場合は、レーシックを受ける方が多いようです。

レーシックの場合は成人が受けられる手術と決まっています。
一般的に遠視は子供に多くみられ、大人になるにつれてよくなっていきます。
その中でまれにそのまま遠視が残ってしまう人もいます。
成人の遠視の場合はレーシック手術が可能になります。

あまりにも遠視が強度の場合には、レーシック手術を行うことが出来ない場合があります。
しかしそんな場合でも、フェイキックIOLという手術が出来ることもあります。
この手術は、レーシックのレーザー治療とは少し異なり、全く異なる方法がとられます。

まずはフェイキックIOLを行った方が良いのか、レーシック手術を行った方が良いのか、しっかりと担当医に聞いてみるようにしましょう。
またレーシック自体は成人になっていなければ受けることがないため、子供が遠視で悩んでいても、レーシック治療をすることは出来ないので、その場合にはメガネやコンタクトレンズを使用するしかありません。