こんなレーシック医院には注意しましょう

最近では、日本でもレーシックが広まり、レーシックを行う医師も増えてきています。
医師が増えることで、どこでもレーシックが気軽に受けることができ、楽にはなりましたが、沢山の選択肢があるがゆえに、病院選びをしっかりしましょう。

ポイントとして、一つ目はまず、通院できる医院を選びましょう。

手術は実際のところ20分程度で終わり、当日中には帰宅することができます。しかし、手術前のカウンセリングや検査や、手術後の定期健診など通院することが多くなります。
手術前後のケアをしっかりしてこそ、きちんとした手術ができますのでやはり通院しやすい場所というのは大事でしょう。
海外で、手術を行う方達も増えていますが、やはりアフターケアを考えると国内がおすすめです。

2つ目は、手術前にきちんと費用を確認しておきましょう。
各医院によって費用は大変ことなりますので、まずは確認してみましょう。
通院する交通費などもきちんと考慮し、自分の計画をたてた金額にそえるようなところを探しましょう。
安ければいい。という問題ではありませんので、アフターケアや再発の場合の保証など、細かいところもきちんとがしておきましょう。

3つ目は、やはり信頼のできる医院を選びましょう。
やはり、実績のある医院を選ぶことをおすすめしますが、自分の眼をまかせるにあたり、少しのくい違いがあっては、術後にやり直すなどはできないわけですから、100%納得してからきちんとした契約を結びましょう。
やはり、1番最初に行うカウンセリングが大事となってくると思いますので、カウンセリングの時点で不安があった場合には、他の医院にもいってみるのもいいかもしれません。


手術に使用する装置の点検を開業いらい一度も行わなかったり、消毒装置の故障により手術器具の消毒が完全でなかったのに関わらず、診療を続けていた医院で感染症がおこった事例などもありますから、やはり医院選びは慎重にじっくり選びましょう。

安さを売りにするあまりに、消毒の省略や、一度使用したら捨てる器具などの、使い回しなど、考えらろないところでの経費削減を行なっていた医院も現にありましたので、適正な金額めやはり大切になってくるでしょう。
これらを参考に、医院選びをしてみましょう。